インターネットマーケティングは面白い
インターネットマーケティングで手っ取り早く稼ぐ方法を知るために、ダイレクトレスポンスマーケティングから学ぶためにアフィリエイトを紹介して行く。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクターモルツからの幻の音声★2月28日までの無料プレゼントです。
ドクターモルツからの無料音声プレゼント

全世界3500万人に影響を与えた
心理学史上最大の発見!
元コロンビア大学の医学博士が残した
40年以上前の講演録をここから聴く事ができます。

>> http://os7.biz/u/pozci

この講演のテーマは、
「目標を達成できる人、できない人」

人間の内面にある心の足かせを取り除き、
自分の可能性を最大限引き出すための秘訣を知る事ができます・・・

この音声が聴けるのは、2月28日まで!
かなり貴重な音声です。
今すぐここからチェックしてみてください。

>> http://os7.biz/u/pozci



人気ブログランキングへ


サイコ・サイバネティクス

サイバネティクスという言葉はギリシャ語の『船の舵取り』から来ています。舵取りは、船を港へと誘導します。サイコ・サイバネティクスは私の造語で、「あなたの心を生産的で意味のあるゴールへと導くこと・・・世界で最も偉大な港へと到達できること・・・つまり心の平安です。これがあれば、あなたはひとかどの人物になるのです。これがなければ、あなたはつまらない人間になってしまうのです。」- マクスウェル・モルツ博士、3000万部以上売れたベストセラー『サイコ・サイバネティクス』の著者マクスウェル・モルツ博士は61歳の時、変化と色彩に飛び、ことさら成功に満ちた職業人生のクライマックスとして、『サイコ・サイバネティクス』で自己改善の現象を生み出しました。何年もの間、モルツ博士は形成外科医及び美容整形外科医として盛況な診療を行ってきました。後年、彼は自分の医学の専門分野で国際的に講演活動を行いながらも、精力的に執筆活動も行い二面的なキャリアを追及しました。自らが望んでいた完璧な顔を作ってあげて、モルツ博士も患者自身もこれで幸せになるだろうと信じているにもかかわらず、多くの患者が手術では治療できない内面の不安定さと不幸せ感を感じ、自分は価値のない人間であると感じ続けているのを見て、モルツ博士は「外側の傷」を治療するだけでなく「心の傷」を治療することを思いつきました。 モルツ博士は彼の発見についてまず『New Faces, New Futures(新しい顔と新しい未来)』という本を書きました。この画期的な本の中で、モルツ博士はほとんどの人は自分自身を正しく見ておらず、無意識に深く留められて問題にされたこともなく、またしばしば間違った、歪曲された認識を持っていると指摘しています。10年以上もの間、何百人もの患者とカウンセリングし、ドイツのミサイルの誘導技術(当時、アメリカのものより進化していた)から催眠術にいたるまで様々なものごとへの幅広い調査研究をし、博士が発展させた「成功する状態にするテクニック」をスポーツ選手や営業マンに試したりして、モルツ博士は自分の発見を元にして1960年に、最初の『サイコ・サイバネティクス』の本を出版しました。『サイコ・サイバネティクス』はすぐにベストセラーとなり、1960年代、そして1970年の初めにかけて、モルツ博士を最も依頼の多い自己啓発に関する講演家へと押し上げました。モルツ博士は、豊富な「事例」資料を集め、セミナー、ワークショップ、ラジオ放送などを行い、サイコ・サイバネティクスをビジネスでの成功からスポーツでの達成、性生活の改善に至るまでの様々な目的で適用した1ダースを超える本を著しました。マクスウェル・モルツ博士は76歳でこの世を去りましたが、彼の遺産はサイコ・サイバネティクスファウンデーションのマット・フュリーの指導や教えを通して生きています。

フュリーは特に素晴らしくモルツ博士の教えを具体化しています。レスリングと格闘技の大会で全国及び世界のタイトルを手にしてから、フュリーは、Zen Master of the InternetR(インターネットの禅導師)と親しげに呼ばれているインターネットを利用したマーケティングを専門として想像を絶するような成功を収めている起業家として、またベストセラーになったフィットネスの本の著者として活躍しています。

フュリーは、その類まれなる田舎風の温かい知恵とユーモアのコンビネーションによって、自己啓発、動機付け、そしてビジネスという分野における時代を超えた素晴らしい講演家の一人になるべくしてなったのです。そして、彼は自分の功績はマクスウェル・モルツ博士のおかげであると考えています。


3000万部以上売れたモルツ博士の画期的な本、『サイコ・サイバネティクス』は世界中の人々に読まれました。モルツ博士の革新的な考えは何百万人もの読者の人生を拡大し続けています。そして、フュリーがサイコ・サイバネティクスの大義を支持していることからも、モルツ博士の遺産は広がり続けると確信を持つことが出来るのです。

そして、遂に、マットフューリー氏と小川忠洋氏の協力によって、Drモルツのサイコサイバネティクスの知恵が、私たち日本人のもとに、届く日がきました。


ゼロ・レジスタンス・リビング・コース、ニュースレター、セミナーやコーチング・プログラムを含むサイコ・サイバネティクスファウンデーションのダイレクト出版プログラムは全てマット・フュリーとサイコ・サイバネティクスの熱心な研究者、実践家、および指導者によって運営されています。


無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら


<管理人のつぶやき>
【仰天】パンダは元々はチベットの動物なんですね。中国がチベットを侵略さえしなければ、パンダを通じてチベットと日本は更に良い関係を築けたかもしれないと思ってしまいます。残念です。ならず者の中国なんかへ8千万円?もの高額なレンタル料を支払う必要は無いと思ってしまいます。東京都民はこのことをどう思っているのでしょうか?これほどの高額なレンタル料を支払ってまで、それほどの価値が見出せることとは思えません。日本はこのことで何が得られるというのでしょうか?世界中の嫌われ者中国と日本がどうして友好関係を築かなくてはいけないのでしょうか?その理由は一体なんでしょう?尖閣諸島の件での一連の仕打ちから教訓を得た国民はもう騙されません。中国と拘わりあうととんでもないことになるという教訓だけしか得られませんでしたね。忌々しい中国に自由を奪われたチベット民族の悲しい気持ちを考えると、日本のやっていることはチベット人の心を逆なですることになってはいませんか?もう懲り懲りしていて当たり前の筈の日本が何という無様な真似をするのでしょうか?この時期に上野動物園へパンダを送り込んで来る強かな中国。これはプレゼントでは有りませんよ。ちゃっかり高額なレンタル料を取る中国です。そのお金は全て中国共産党の軍事費になるのですね。そして、そのお金で日本の領土を侵略するのでしょうね。そのことでいらつくのは私だけなのでしょうか?自分で自分の首を絞める日本という国もおかしな国です。プライドもなく地に落ちていく様が辛くなります。中国はパンダで何を企んでいるのでしょう。しかも、まだ尖閣問題も記憶に新しい今の時期に。。。これから脅威を回避するために民間レベルで必死に抗議している最中、パンダで誤魔化そうとする中国。600隻以上の漁船を装った中国の武装船団が、6月中旬までに必ず尖閣にやって来るそうでは有りませんか?政府は一体何をしているのでしょう?党内で責任の擦り合いだけに終始していて、何の策も示さない民主党。海が穏やかになる春には尖閣周辺は緊張の海と化する様相になってきました。中国側の民兵が民間人に成りすまし、漁船に乗り込み、尖閣を乗っ取るのです。日本の領土が侵略されようとしているこの時期に、なぜパンダなのですか?忍者の目くらまし戦法に出たのでしょうか?日本の海上保安庁の体当たりされた巡視船の修理費は中国からは支払って貰っていませんよね。日本人は御人好し過ぎませんか?虐めに有っているというのに、日本を苛めている張本人は中国ですよ。日本は中国の属国では有りません。日本が中国と拘わるから中国の経済を成長させることになり、更に、軍事力が脅威になって行くのです。それを承知の上で拘わったりしています。恐ろしいことです。マスコミも経団連も日教組も政治も何もかも変ですよ。パンダってチベットのものです。遂に、中国は日本の領海侵犯と巡視船への体当たり攻撃のカモフラージュ作戦に出たのでしょうか?或いは、世界中に中国をアピールできるチャンスと計算してのことなのか?中国の狙いはどこに。。。自民党が与党だった頃からずっと中国の言いなりになっている。どんどんエスカレートしています。だから、付け上がるのです。また、お役所のやることって奇奇怪怪で私には理解できません。パンダに罪はないけれど、チベットから略奪した動物をレンタルする日本は、世界中の人達から非難されたり、馬鹿にされるかも。。。それとも、馬鹿げた日本は誰にも相手にされないかもね。これ以上日本の恥をさらさないで欲しい。1年毎に総理が変わることで馬鹿にされるというよりは、内容のないそして、国民から支持されない政治をやっている民主党やその民主党に騙されている国民が馬鹿にされるだけなのです。旧社会党員が仕切る極左の民主党は想像以上に恐ろしいことが分かってきました。国民に真意をはかることで国民の信頼を取り戻せるように早く解散して再出発してください。→ http://blog.livedoor.jp/kareha2/



『自分を不幸にしない13の習慣』1ケ月お試し


スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://grape22.blog74.fc2.com/tb.php/223-b2443bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▼世界遺産

世界遺産Powered by SEO



▼旬の花



無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら



億万長者メーカー、ダン・ケネディの「究極の法則」
東大家庭教師が教えるやる気で人生を変える秘密



▼海外翻訳本

屁理屈無し 社長のための時間の使い方



「あなたの収入をダイナミックに引き上げるローラル式ワークショップ」DVD2枚セット



▼最近の記事



▼リンク



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



▼SEO



▼ブログ内検索





▼翻訳







▼月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。