インターネットマーケティングは面白い
インターネットマーケティングで手っ取り早く稼ぐ方法を知るために、ダイレクトレスポンスマーケティングから学ぶためにアフィリエイトを紹介して行く。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「成功と幸せの原則」
無料動画セミナー「内面から成功しなさい」の詳細はこちら


人気ブログランキングへ

「成功と幸せの原則」

あなたは「成功と幸せ」には原則があるというのを
ご存知ですか?

その原則とは
「笑う」ことから始まります。

笑うことは心や体、感情のエネルギーを
最大限に引き出します。

あなたは1440分楽しみ、
笑うことができるでしょうか?

今よりもっと人生を楽しみ、、
生きる情熱と生きがいを見つけたいと思うのなら、

このリー・ミルティアの無料オーディオを見ることをオススメします。

http://123direct.info/tracking/af/162782/JkRPpeSk/

リー・ミルティアは言います。
「人は移りゆく現状を愛し、変化や成長を楽しむもの」だと。

そして現状に満足することなく、新たな自分を求めること。

もし現状に何か行き詰まり、悩んでいるのなら
救いを探してみてください。
「あなたひとりで頑張らなくてはならない」などと
いうことはないんです。

http://123direct.info/tracking/af/162782/JkRPpeSk/

リー・ミルティアは
今まで数え切れないほどのクライアントの
能力を最大限に引き出してきた、
世界最高クラスのパフォーマンスコーチなのです。

・アメリカンエクスプレス ・フォード ・IBM ・フェデックス
・ディズニーワールド ・ゼロックス ・AT&T ・NASA
・3M ・アメリカ銀行協会 など

彼女のクライアントをみれば、そのクオリティを
疑う人はいないでしょう。

この無料ビデオで、あなたが
どんな人生を送りたいか、、想像力を働かせてみてください。

http://123direct.info/tracking/af/162782/JkRPpeSk/



人気ブログランキングへ

中国調査船がEEZ内に=奄美沖で海保測量船に接近-外務省が厳重抗議
海上保安庁によると、3日午後2時から約1時間半にわたり、奄美大島の北西約320キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で中国国家海洋局の海洋調査船「海監51」が、同庁の測量船「昭洋」に接近した。日本の外務省は中国政府に厳重抗議した。(時事通信)

外相、防衛相とも中国に不快感 中国艦載ヘリの海自艦への異常接近で再抗議
4月23日18時48分配信 産経新聞より抜粋&引用記事

中国海軍の艦載ヘリコプターが2度にわたり海上自衛隊の護衛艦に異常接近した問題をめぐり、岡田克也外相は23日の記者会見で、「必要な防衛措置だ」とする中国政府に対して、「日本側は必要な監視行為を行っていた(だけだ)。危険なことでもなければ、法に違反することでもない。中国側の説明に、われわれは必ずしも納得していない」と不快感を表明した。日本政府は同日までに中国側へ再度抗議した。

 防衛省などによると、中国政府は22日夕、これまでの日本政府の抗議に対し、「日本の警戒監視活動に対する必要な防衛処置をとった」との反論を北京の日本大使館に伝えた。日本政府は「わが方の活動は正常な行為だ」と反論、改めて抗議し、再発防止を求めた。

 中国艦艇10隻は7日から9日まで東シナ海で演習を実施。10日に沖縄本島と宮古島の間を南下し、沖ノ鳥島(東京都小笠原村)西方海域で活動していた。この間、中国の艦載ヘリが8日と21日の2回、監視中の海自護衛艦の約90メートルまで接近した。日本政府は「安全航行上、危険な行為だ」として抗議していた。

 北沢俊美防衛相も23日午前の記者会見で、「両国の良好な関係を阻害する。お互い偶発的なことが起きないように対応しないといけない」と述べた。

【関連記事】
・ 中国政府の正当化、防衛相が再抗議 護衛艦へのヘリ近接飛行「極めて危険」
・ 中国艦艇10隻、帰投か 防衛省発表 沖縄通過、東シナ海へ
・ 中国ヘリ異常接近 危険な挑発行為非難する
・ 「公海上の恒例の訓練」中国外務省 中国紙は「日本は神経質」
・ 中国艦艇 沖ノ鳥島近海で活動継続 自民党、発表遅れを追及 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 【魔都見聞録】世界の厄災、中華思想 ←重要必見!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【魔都見聞録】中国海軍に慣れなさいって、何言ってんの?[桜H22/4 /26]
2010年04月26日 — 10隻の艦隊で沖縄近海を通過し、沖ノ鳥島付近で演習を行った中国海軍。尖閣諸島の侵略を目論む中国が、日本の世論と政府当局の対応を見るために行った示威行為であることは明らかであるが、日本の大新聞も相変わらずの論調であった。厚かましい中国と、安全保障感覚が欠如した日本のオールドメディアについて、大高未貴が論評させて頂きます。

 【ニュース Pick Up】砲艦外交復活?中国の新海洋戦略[桜H22/4/20]
2010年04月20日 — 今月10日に10隻の艦隊で太平洋に進出し、沖ノ鳥島を1周するなど日本への示威行為を行った中国海軍であるが、これは東シナ海での日本領土侵略にも繋がりかねない事態である。経済発展を背景に、露骨な覇道強権を押し進める中国海軍の脅威についてお伝えします。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://grape22.blog74.fc2.com/tb.php/125-90c26b92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▼世界遺産

世界遺産Powered by SEO



▼旬の花



無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら



億万長者メーカー、ダン・ケネディの「究極の法則」
東大家庭教師が教えるやる気で人生を変える秘密



▼海外翻訳本

屁理屈無し 社長のための時間の使い方



「あなたの収入をダイナミックに引き上げるローラル式ワークショップ」DVD2枚セット



▼最近の記事



▼リンク



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



▼SEO



▼ブログ内検索





▼翻訳







▼月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。